コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

きっと何者にもなれない僕だから

底辺の人間のブログ記事は100記事書いたとしても誰も読まないんだよという話

はじめに

今回はただの愚痴記事となります。面白くもなんともない記事です。
それでも、この記事を読んで下さる方は「カルミナ・ブラーナ おお、運命の女神よ」をBGMに流しながら以下を読んでください。

曲の準備はいいですか?

このあたりから曲を再生してゆっくりと読んでね。

皆様のおかげで当ブログ(コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった)も無事に100記事投稿という三桁の大台にのることができました。大変ありがとうございます。どうです100記事ですよ。記念にスクリーンショットを撮ってしまいましたよ。

↓御覧ください↓

f:id:andron:20161021003450p:plain

↑御覧ください↑


これもこんな拙いブログを読んでくれる読者様のおかげです。はじめは0人だった読者数も今ではこんな人数になりました。
f:id:andron:20161021004854p:plain

あれー…なんでなんでしょうね。0人ですね。



ああ……僕は何でブログなんて書いているのだろう。

人が一秒間に認識できる文字数は4文字程度だと言われています。このあたりで曲を再生してから25秒ぐらいのペースだといい感じですよ。ちょうど\ワーッ/って感じの一つの山場が終えたぐらいにあたります。

さて……話がそれてしまいました本題に戻ります。
巷に蔓延るブログ運営論なんかですと100記事書いたらアクセスしてくれる人が増えるとか、ブロガーの通過点だとかありますけども、ここまでくるとブログで情報を発信することに何の意味があるのだろうという虚無感だけが残ります。

まあ、しょうがないよね。底辺の人間の書いたブログだもの誰も得しない情報しか書いてないからね。しかも、記事内容もネガティブなやつの垂れ流し、これじゃあね。




くやしいです

「くやしいです」を通り過ぎたあたりで曲が徐々に盛り上がっている感じになっていれば、僕の理想としている読みペースです。完璧です。こんな記事のお遊びに付き合ってくれて本当にありがとうございます。

さてさて、またまた話が脱線しましたが本題に戻ります。
当初は何かをつくることがしたいということでネガティブながらも、僕なりにできる面白い形にしてブログ記事に投稿していました。とりあえず100記事を目標にして、一つぐらいは誰か読んでくれるかなという考えでした。実際、甘い考えでしたね。つまらない人間は何をやってもつまらないというのは万物の理ぐらいに自明でしたね。

テーマの設定が悪いとかもあるんだろうね。それでも100個書いて収穫0となると心にこたえます。広告の世界ですと検索エンジンの1ページ目に出ないものは存在していないも同然ぐらいに言われたりするのを聞いたことがあるから余計に心にくるものがあります。でもまあブログ底辺の人間の話なんてみんな興味ないもんね。読まれなくて当然というのもあります。

どうしようかね、このブログ……。



とりあえず、自分の中で発信できるものがある内は情報を発信していこうかなと思います。




以上、愚痴記事につきあっていただき誠にありがとうございました。

本記事は以下のお題で書いております。
お題「ブログをはじめたきっかけ」