コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

徒然なるままにVBAいぢりなどしようと思ったのじゃ

このブログは突発的にVBAとかいじりだしたりするから気を付けろ!

はい、どうも僕です。ここ最近は新元号だから新言語に触るよとか言ってアホなことをやり続けてましたが僕みたいに底辺を生きている人間にはそういう技術って微塵も役に立たないんですよね。そもそもプログラミングネタぼこぼこ投下したところで僕はソフトウェアエンジニアでもなんでもないので人生に何一つ役に立つわけがないのだ。ババァ~ン!!

なので今日は事務っぽいことやるときには必ずさわるであろうオフィスソフトいじりの方をやっていこうと思います。

ということでパワーポインヨでクソみたいなの生み出したので供養です。こんなのできました。
f:id:andron:20190516115830g:plain
特にエラー処理してないので、落ちるときは落ちます。

Sub FullScreenTable()
'スライド一面に表を挿入するマクロ
    Dim slHeight As Integer
    Dim slWidth As Integer
    Dim inputData As Integer
    Dim inputRows As Integer
    Dim inputColumns As Integer
    inputData = InputBox("挿入するスライド番号", Default:=1)
    inputRows = InputBox("行数", Default:=1)
    inputColumns = InputBox("列数", Default:=1)
    slHeight = ActivePresentation.SlideMaster.height
    slWidth = ActivePresentation.SlideMaster.width
        
    ActivePresentation.Slides(inputData).Shapes _
    .AddTable NumRows:=inputRows, NumColumns:=inputColumns, Left:=0, Top:=0, width:=slWidth, height:=slHeight
End Sub

本当は全スライドにティラノサウルスを配置するマクロ作りたかったけど、ティラノサウルスのやつ365の機能で僕は持ってないのでこれで妥協した(誰得)。使えないから触ってないけども、あの機能使えるライブラリ用意されてるんですよね…?まあいいや。

話がかわりますが、最近になってVBEのいいところわかってきました。Ctrl+Spaceで入力候補補完してくれるんですね……。まあ、だからといって積極的にさわることはないわけですが……。


参考
PowerPoint Visual Basic for Applications (VBA) リファレンス | Microsoft Docs



おわりに

こんなネタを投下したけども僕はそもそも事務員ですらないのでこの記事も人生の役に立つなんてことはないのだ(爆笑)。あー、ブログって素晴らしいですね!

いいですか、宇宙と周波数をあわせるのです

スピリチュアルクソエントリーの時間だっ!

どうも僕です。みなさん宇宙と周波数を合わせていますか?僕はまだできていません。やはり僕たちが生まれてくるよりも以前に存在している宇宙ですから、そう簡単に周波数を合わせられないのも当然です。しかしながら先日……。

※ この記事が投稿されるまでにめっちゃおすすめのスピリチュアル情報が見つかればこのあたりにそういう系の広告が挿入されます。


 広告スペース


はい、そういうのどうでもいいんですよ。またクソサイトつくってしまったのです……。
Build a Free Website with Web Hosting | Tripod
つい先日、ホームページをつくるならここがWebスペースとして扱えるよっていう噂を聞いたのでつい作ってしまいました。


publish.lycos.com
スペースキャットクソコラ用サイトつくってしまった。

登録元の情報がでかでかと上部に配置されていたりとか、元ソースが見つからないせいで謎の「undefined」とかがでていたりするけども消して問題なさそうだったらそのうち消す方針でやっていこうと思う。無料範囲でやっているから消せるのかは知らんけど……。普通にゼロからカスタマイズできるやつなのかと思ってたらWrodPressベースのやつなんですね。プラグインとかちょこちょこいじってカスタマイズできる人ならオススメって感じかな。容量の制限とかは知らない。



おまけ企画

このブログを見ている方はペットブロガーさんとか多いので、もしうちの子を宇宙コラの素材にしてもいいよという奇特な方がいましたらコメントください。全力でコラさせていただきます(誰得)。コラさせていただいたあかつきにはクレジットの表記などさせていただきますからよろしくお願いします(笑)。



f:id:andron:20190509085518p:plain

どうしよう宇宙と周波数を合わせなきゃ

つらいときかなしいときしんどいときそんなとき宇宙の周波数を……

はい、おはようございます。スピリチュアルクソブログの時間です。本日も宇宙と周波数を合わせていきましょう。みなさんはご存知でしたか?太陽の周波数は 528Hz だそうです [要出典]。そして、 528Hz は DNA を修復するとのことです [要出典]。さすが宇宙です。さすが太陽です。太陽系の質量 99% 以上はだてじゃありませんね(?)。


まあ、そういうのどうでもいいんですよ。ちょっと周波数と音階(ドレミ音)調べてたら、なんでこんな情報がヒットするんですか。どうなってるんですかインターネットは……。

まあいいや。インターネッツの情報によると音階と周波数の関係は以下のような感じになるらしいです。参考:A=440Hz
 f=440 \times 2^{(d/12)}
d:  周波数:440Hz [A]

とりあえず、この周波数でずらしていけば音名決定できるみたいですね。小数点切り上げで計算だしてるから微妙に他とデータずれるけど許して。あと、ブラウザChoromeでしか確認してないから動かなくても許して。


ということでこれでドレミの奏で方がわかったのでBeep音で演奏とかしようと思います。なんでこんなことはじめようかと思ったかというと、AutoHotkeyのリファレンス読んでたら以下記述あったからです。

SoundBeep [, Frequency, Duration]

これドレミの周波数打ち込めば音楽つくれるじゃんって思ったんですよ。だから調べてしまったんですね。

そういうわけでこれ作った。

; Cmd + j
; 乗ってけ!ジャパリビート イントロ
^j::
SoundBeep, 784
SoundBeep, 659
SoundBeep, 784
SoundBeep, 659
SoundBeep, 784
SoundBeep, 932
SoundBeep, 880, 450
SoundBeep, 784
SoundBeep, 659
SoundBeep, 784
SoundBeep, 659
SoundBeep, 784
SoundBeep, 932
SoundBeep, 880, 450
SoundBeep, 1174
SoundBeep, 1174 
SoundBeep, 1174
SoundBeep, 1174 
SoundBeep, 1174, 75 
SoundBeep, 1046, 75
SoundBeep, 987, 75
SoundBeep, 784, 450
Return

Ctrl+J を押すと「乗ってけ!ジャパリビート」のイントロを流すクソマクロができました。どうして僕はこんなクソ記事書いて、クソマクロなんて作ってるんですかね……?

関連:AutoHotkeyについて
inujini.hatenablog.com



どうでもいい話ですが「音階と周波数」の関係の資料集めるのにスピリチュアルな情報がめちゃめちゃヒットして辛い。情報見た感じだと「音波=電磁波」って解釈っぽいし、音刺激による脳活動の関係性とかそういう論文ソースもなくてよくわからなかった。助けて……、宇宙と周波数を合わせなきゃ…………。