コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

なくすと回

新時代へなくすと

はいはいどうも僕です。ねくすとのつぎはなくすとということでなくすとをやっていきます。まずはなくすとについてですね。


まあこれです。今日はこれについて適当に触っていこうと思います。
ja.nuxtjs.org

Nuxt.js は Vue.js アプリケーションの開発を楽しくするために必要なすべての設定が揃っています。

Vueのフレームワーク的なやつです。以前Reactのフレームワーク的なやつNextを少しだけいじってた時から満たされない思いというものを感じていて、その気持ちは日を増すごとに強くなっていき次第に……。えぇ…、なんの話でしたっけ?そうそうなくすとです。満たされないって理由もあるんですが下記サイトがNuxtとかNextとかのプレイグラウンドとして利用できるってのを知ってしまったのでちょいと手を出してみることにしたのでした。

codesandbox.io
プレイグラウンドなんだけど噂によるとSSR(Server Side Rendering)的なやつがさっくり作れるらしい……。知らんけど。

埋め込みもできるのでブログにも貼り付けられる。

とりあえずちょっとずつ更新していきたい。あと説明も追記していきたい。あとGitHubにコードぶん投げられるそうなのである程度形になったらぶん投げていきたい。


参考にしたコード
GitHub - letitride/Vue-Samples

本来はフォークしてーな使い方がGitHub的には正しい使い方なんだろうけど、僕が思いつきで始めたNuxtの書き方だと割とフレームワーク的お作法に吸収されて丸パクリできなかったからインスパイアってかたちで……。あと僕は雰囲気でコーディングをしているから苦情を入れられても困る……。ただコンパイラとかに怒られてるのと参考にしたやつで実装できてないのは直していきたい(願望)。


まあ、そんな感じでNuxtを触る理由を無理やり作ってみたのでした。


おわり。




そういえば、とりあえずNuxtってのを使ってみたんですが、pageディレクトリにvueファイル作ると勝手にルーティングしてくれる。上のやつもpageの中身しかいじってないのです。なんだこれは……ヤバいな……。そのほかの感触はテンプレートエンジンの拡張みたいな感じ。まあ、他の方はまだまともに触ってないからよく知らんのですけどね……。

参考: コンポーネント
API: <nuxt-link> コンポーネント - Nuxt.js

GB ♂ スタジオ

スタジオGB

なんだこのタイトルは……。まあいいや。ほかのサイトでまとめられてはいるんだけどやっぱりどういう風に動くか映像資料として欲しいなって思いが湧いたのでGB Studioのイベント資料作ることにしました。元サイトの方に使い方まとめってあるっちゃあるんですけど、英語だしいちいち翻訳したくないしでつくります……。

GB Studio


関連
inujini.hatenablog.com


画面(スクリーン)制御関連

とりあえず今回は画面関連の制御について。

■ Screen Event
画面に対して起こすイベント

f:id:andron:20190814210308g:plainf:id:andron:20190814210332g:plain
・Screen: Fade In
・Screen: Fade Out
ループgifを貼るとどっちかわからなくなるけど、まあ雰囲気わからればいいしこれで。回想とかそういうのに使えばいいんだろうか。


■ Camere Event
カメラ制御のイベント
f:id:andron:20190814210733g:plain
時系列順に起きているイベント以下の通り
・Camera: Shake
・Camera: Move To
・Camera: Lock To Player
これ作っててシーンの最大サイズが「256px x 256px」だってことを知った。


あとOverlay Eventってのがあるけどもあれはタイトルロゴだすのに使う制御ぐらいしか今のとこ使い道思いつかないのでいったんスクショは放置。適当なシーンをのせることができればスライドショー的な使い方できるんだけど黒背景と白背景をのせるぐらいしか現状機能がなさそう……。気が向いたらスクショ撮ります。


とりあえず画面制御関連についてはこんな感じの機能があるっぽい。あと関係ないけどプレイヤー情報をいじるのはプロジェクトから選択なんですね……。
f:id:andron:20190814214803p:plain

画面周りの制御はこんな感じです。思ってたよりもできること制限あった。某所でいじっているゲーム作りの方がはやくも難航したからこんな資料作ってしまったわけだけど、あんまり規模感大きくするとエタるのは目に見えているので動くとこだけがんがん実装してなるはやで公開できるようにしていきたいな……。