コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

きっと何者にもなれない僕だから

Go's Lack

欠落感

時の流れは絶えずして変わることもないものですが、その先は得るもののない失うだけの世界なのです。悲しいかな。憂う気持ちだけが満たされていきます。今宵も僕も色々なものを失っていくのです。切ないな。

GoでSlack

さて、そうしたわけで最近意味もなく触っている"コミュニケーション" ツールであるSlackをいじっていきます。今回はSlack APIを使ってなんやかんややっていきます。ちなみに、コミュニケーションツールなのに僕は誰とも会話を交わすなどをしていません。ウケるね。

Slack API
Slack API: Applications | Slack

APIについては多分ここをみていけばいけると思います。ダメそうならググりましょう。僕が解説入れると尋常でなく雑になるからね。仕方ないね。雑なりに設定方法を説明しますと、利用ユーザの登録 ⇒ APIユーザ(開発者)の登録 ⇒ トークンの発行みたいな感じになります。

これで登録すると以下のようにコマンドで打つとスラック上にメッセージを垂れ流すことができるようです。

https://slack.com/api/chat.postMessage?token=【トークン】&channel=【チャンネル】&text=【メッセージ】

これで毎回メッセージを打ち込めばちょっとしたツールになります。しかし、それでは毎日のように壁と会話してる僕でも悲しくなってしまうのでスクリプトにします。言語はなんでもいいのですが、タイトルにGOの文字を入れてしまったので今回はGo言語でやっていきます。

ソースコード

package main

import (
	"bytes"
	"net/http"
	"net/url"
)

var(
	token  string = "APIトークン" 
	apiUrl string = "https://slack.com/api/chat.postMessage"
	channel string = "#チャンネル"
)

func main() {
	data := url.Values{}
	data.Add("token", token)
	data.Add("channel", channel)
	text := "おはよー!!こんちはー!!こんばんはー!!おやすみー!!おきてええええええ!!"
	data.Add("text", text)

	client := &http.Client{}
	r, _ := http.NewRequest("POST",  fmt.Sprintf("%s",apiUrl), bytes.NewBufferString(data.Encode()))
	r.Header.Add("Content-Type", "application/x-www-form-urlencoded")

	client.Do(r)
}

まあ、いつものようソースが汚いですが、実行するとこんな感じになります。
f:id:andron:20180103203340p:plain

ボット経由で喋らせればよかったのでしょうけど、今回は動作確認ってことで許してください。これでスクリプトで動かす手筈が整いました。次回があれば進展あるかもしれません、まあ次回がいつになるかはわかりませんが……。

こいぬのぽんぽん

いぬどしをいいわけに

最近、戌年なのでどれだけ犬ネタを詰め込めるかということをやっているような気がします。そんなわけですので、今日もわけのわからないサイトでも紹介しようと思います。紹介する理由はいつも通り頭がおかしくなってしまったからです。頭がおかしくない日も似たようなことをしていますが、ブログをやっている人間なんてそんなものです。

サイトはこちらです
Where is puppytummy

内容はどっちが"こいぬのおなか"でしょう?っていうクイズみたいな何かが載っているサイトです。例のごとく英語のサイトですのでご覚悟を。

ちなみに、簡単にですがサイトに出てくる単語の意味は以下の通りです。
puppy こいぬ
tummy おなか
head あたま
nip ちくび*1
hole あな


いかがでしたか?参考にはなりませんでしたね。こんなクソブログを購読している暇があったらもっと有意義な時間を使いましょうね。

おしまい

*1:nipple の省略

月曜からはじめるLua

今日も今日とて月曜です

ところでハワイ語で"lua"とは穴を指すそうです。そうなんだ、luaにも穴はあるんだなぁ。

はい。というわけでして(?)、月曜日になってしまったので穴いぢりでもしようと思います。当ブログはとても健全なブログですのでやる内容は先っちょだけです(?)。初心者向けなので痛くない(?)。でも多少道具は使いますのでそれだけはご覚悟ください。

Luaで何かやる

まあ、なんかひどい導入を書きましたがいつものことです。気にしてはいけません。以前Luaを導入したという記事を書きました。

以前のやつ
inujini.hatenablog.com

以前のやつを見返して、やっぱり電卓として使っているようじゃ使いこなせるようにならないなって感じたんですよ。そこでいつもの月曜日判定を作りました。

ソース

monFlag = os.date("%w")

if (monFlag == "1") then
  print("\aToday is Monday")
else
  print("Today is not Monday")
end

これで月曜のときは「今日は月曜です」と出力されます。それだけです。

参考
lua.pdf

しかしLua単体で何か動かすには色々辛いですね。調べてみたら、AviUtilという動画編集ツールが手っ取り早くLuaいじりに使えそうだったので次回以降はそれの話にしようかと思います。でも動画編集ってそんな手を出してない分野だから、先に動画編集の話を挟むかもしれない。