コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

きっと何者にもなれない僕だから

サイコロ職人の朝は早い

サイコロ職人の朝は早い

「まぁ好きではじめた仕事ですから」

最近は良い乱数が出ないと愚痴をこぼした。

まず、入念なシード値選定からはじまる。

「毎日毎日出目が違う 機械では出来ない」




機械の力でサイコロをつくるよ

はい、というわけでbatファイルつかってサイコロプログラムつくります。
機械ではできないとか言っておきながら機械に頼ります。

できました。

@echo off
set /a dice=%random%*6/32768+1
echo %dice%

実際にこんな感じになります。
f:id:andron:20170430231824p:plain

環境変数%RANDOM%を使えば、ランダム値を発生させることが楽にできるそうです。ちなみに発生させる範囲は0~32768となります。なんだこの数値は……。どうやらint型範囲内でランダム数値を回しているようです。結果、こんな感じに求めたい範囲を設定すると計算がキモくなるっぽいです。とまあ、そんなことを思ったので作ってしまった記事なのでした。おしまい。