コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

きっと何者にもなれない僕だから

ネコで覚えるHTTPステータス

ネコである必要性とは…

HTTPステータスコード(サーバーに何かあったときに返ってくるレスポンス)をネコにすることができるなにかをみつけました。例のごとく使い道とかよくわかんないのですけど……

HTTPステータスコード
HTTPステータスコードは、HTTPにおいてWebサーバからのレスポンスの意味を表現する3桁の数字からなるコードで、RFC 2616、RFC 7231等によって定められている。

毎度、何書いているかよくわかりませんが、いわゆる404ページ(そんなページないよ)とかそういったやつのお仲間の話です。実はこうしたコードって規格が決まっていたんだよとかそんなことを書いているんだと思います。

ネコで覚えていこうHTTPステータスコード

そんニャネコ式HTTPステータスコードはこちらになります。
HTTP Status Cats API


APIらしく
https://http.cat/[status_code]
こんな風にして使えるそうです。


ちなみに、使えるHTTPステータスコードとその意味は以下の通りです。
詳しい内容はググればすぐにでるので簡単な説明だけにしておきます。リンク先の内容よくわかんないってなったとき、楽しむためのフレーバーぐらいに捉えていただけると幸いです。
一部調べてる最中に勝手に付け加えたのもありますけど……。

コード 説明
100 継続
101 プロトコル切替
102 処理中
200 OK
201 作成
202 受理
203 信頼できない情報
204 内容なし
205 内容のリセット
206 部分的内容
207 複数のステータス
208 既に報告
226 IM使用
300 複数の選択
301 恒久的に移動した
302 発見した
303 他を参照せよ
304 未更新
305 プロキシを使用せよ
306 将来のために予約されている
307 一時的リダイレクト
308 恒久的リダイレクト
400 リクエストが不正である
401 認証が必要である
402 支払いが必要である
403 禁止されている
404 未検出
405 許可されていないメソッド
406 受理できない
407 プロキシ認証が必要である
408 リクエストタイムアウト
409 競合
410 消滅した
411 長さが必要
412 前提条件で失敗した
413 ペイロードが大きすぎる
414 URLが大きすぎる
415 サポートしていないメディアタイプ
416 レンジは範囲外にある
417 Expectヘッダによる拡張が失敗
418 私はティーポット
420 速度制限エラー
421 誤ったリクエスト
422 処理できないエンティティ
423 ロックされている
424 依存関係で失敗
425
426 アップグレード要求
429 リクエストが多すぎる
431 リクエストヘッダ量が大きすぎる
444 レスポンスなし
450 ペアレンタルコントロールにより利用不可
451 法的理由により利用不可
500 内部エラー
501 実装されていない
502 不正なゲートウェイ
503 サービス利用不可
504 ゲートウェイタイムアウト
505 サポートしていないHTTPバージョン
506
507 容量不足
508 ループを検出
509 帯域幅制限超過
510 拡張できない
511 認証要求
599 ネットワーク接続タイムアウト

調べてみると結構あるものですね。