コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

きっと何者にもなれない僕だから

月曜の中心で憂鬱を叫んだけもの

けものはいても のけものはいない

合縁奇縁 一期一会 袖振り合うも多生の縁 この世に奇跡も魔法もないんだよ。
ということで、この世にはのけものしかいないわけですが皆様いかがお過ごしでしょうか。月曜日です。僕はあいも変わらずダメです。ダメな気分の時にダメな曜日を迎えるとダメよダメダメなわけです(?)。

はい、そうしたわけですのでタイトル無関係に月曜日なので何かやることにします。ちなみにタイトルの元ネタはSF小説の「世界の中心で愛を叫んだけもの」ですね。エヴァンゲリオンのサブタイの方は当時の流行に乗って作ったのか、あるいはこの作品にちなんで"狂気"の"排出"された世界観づくりがしたかったのかはよく知りません。

SpeechSynthesisAPIを使ってみる

さて、いつもの導入はこのくらいにして今日は叫ぼうと思います。というわけですので、おしゃべりAPIを使ってみます。APIといいつつも、もはやブラウザに組み込まれている機能だから標準関数なのでは…。

参考
Web Speech API Specification

まあ、百聞は一見に如かずという名セリフもありますので、そんな感じで音声読み上げAPIでこんなの作ってみました。ボタンクリックすると読み上げます。


ソース

<input type="button" value="音声" onClick="speech_mon()">
<script>
    function speech_mon(){
        var speech = new SpeechSynthesisUtterance(); 
       //speechSynthesis.getVoices(); // 利用可能なボイスデータの取得
        speech.text = 'どうも、こんにちは。僕です。今日月曜やねんな。憂鬱やわ。'; // 文字列
        speech.voiceURI = 'Google 日本語'; // 声の種類
        speech.lang = 'ja-JP'; // 言語
        speech.rate = 1.3; // 速さ
        speech.volume = 0.8; // 音量
        speech.pitch = 0.7; //ピッチ
        speechSynthesis.speak(speech); 
    }
</script>

相変わらずソースは雑です。その筋の人からだと、クリックイベントはaddEventListenerを使えと怒られる感じがします。まあ、こんな感じで音声読み上げが利用できます。そして、月曜日です。今日も頑張って生きような。