コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

きっと何者にもなれない僕だから

暗号化のススメ

たぬきで暗号化

はてなが暗号化されるようでして。
これを期に暗号化について勉強しておかないといけないぞってなるのです。だけども、僕は暗号に関してはド素人なわけです。なので、暗号といえば文章に「た」の文字を意味もなく散りばめるくらいしか思いつかないのです。だけど、学ばなければ前進はないわけで必死に足りない脳みそに詰め込むことにしました。

さてさて、現在の暗号化技術ですが高度に数学やコンピュータが発達したおかげで、数式を散りばめて一見で解読できないような構造となっております。僕が三日三晩寝ずに考えた「た」の文字を意味もなく散りばめた"たぬき暗号"なんて手も足も及ばないわけです。

まあ、そんなこと言ってもこのブログを書いている当時の僕は意気揚々と「やばい最強すぐる暗号を考えてしまった。ドゥフフ」とか思ってたわけです。そうして、そんなことを考えていたらこんなものをができました。

たた夕ぐれてた
ほたたの痒たくなる指のさき
坂たをくただればたた一群の
鳥たはたた高きをすぎた行けたり。


いかがですか?読みづらいですね。
だけど、今日はこのブログを読んでくださった皆様だけに特別にこの文章の簡単な解読方法をご紹介します。

Word VBA の時間だよ

さて、長々と茶番をしてしまいましたね。そんなわけで今日は"たぬき暗号"の簡単解読に挑戦です。

まず、ワードを用意し、開発から以下を記述しましょう。

Sub Tanuki()
'
ActiveDocument.StoryRanges(wdMainTextStory).Select
'
With Selection.Find
    .Text = "た"
    .Execute Replace:=wdReplaceAll, replacewith:=""
End With
End Sub

そして実行するとあれほど読みづらかった文章があら不思議このように読めるようになります。

夕ぐれて
ほの痒くなる指のさき
坂をくだれば一群の
鳥は高きをすぎ行けり。

わーっ、すっごーい便利ー。
いかがでしょうか。今だけ限定のお得マクロとなります。ぜひ使ってみてください。



まあ、Ctrl+Hでできる置換機能を使えば、こんなマクロ全くもって使う必要ないんですけどね……。