コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

きっと何者にもなれない僕だから

300記事を書いて辿り着いてしまった真実

300記事を超えてしまった

とうとう僕のブログも300記事を超えてしまいました。越えるもんなんですね。300記事って。
f:id:andron:20170427223807p:plain

タイトルに真実とか仰々しい言葉を書きましたけど、サブタイに"アカシックレコード"とかなんかかっこいい感じの言葉を入れたくてつけたはいいが入れる余地がなかった名残です。特に真実に到達することはありませんのであしからず。

トレンドを拾ってるわけでもないのに意外とネタは尽きないものなんだなというのが正直な実感です。過去の焼き増しみたいな記事は結構書いてますけどね。


このブログは一体いつまで続くんでしょうね。それは神のみぞ知るのだと思います。


以前どこかの記事で投稿ペース落ちるかもとか書きながら、毎日投稿とかアホみたいなことを続けられたのは地味に自分でも凄いなとか思ってます。ま、だからなんだって話なんですけどね……。



300記事書くと何か変わるのか

結論から言うと、何も変わりません。

収益は一円も発生していません。PVとかそういったのもあがりません。自分の居場所なんてものも作れません。手元に残るのは虚無感だけです。こういった、厭世的な感情を満たすにはブログは良いツールだと思います。けれど、そんな不健全な使い方をしている方は今すぐブログを辞めたほうが幸せになれると思います。辞めたことで何か人生観がかわることは保証しませんが…。

インターネットの世界であっても、ここを見るのは"人"です。感情のない機械と話しているのではないのです。
共感がなければ人は動きません。規則的なアルゴリズムにしたがって人は動いていないのです。

ブログを支持するかしないか、それは概ね"人柄・価値観"に左右されるのだと思います。こういった今までの人間性が、僕の300記事の結果なんだろうなとか考えてます。そうやって考えてると気分が憂鬱になったりしますね。300記事とか、めでたい系の節目になんでこんなネガティブなこと書いてるんでしょうね(笑)。



というわけで、久しぶりに感情的なエントリをしてしまいました。
ブログを続けていれば何か変わるのかという話ですが、変わる人もいるが変わらない人もいるが正解です。なので、「ブログを書き続けていたら人は変われる」という言説を真に受けてブログをやっていると自分が辛くなりますよ。



しかしながら、これだけ続けてるせいでやりたいこととか明確になりつつあるんですよね。それはブログ続けてて良かったことになるのかもしれません。

さいごに

投稿ペースを落として別のことに力を入れようとか思ってブログを続けているのですが、なぜか毎日投稿できるストックが量産されているのでこのブログもうちっとだけ続くんじゃ。
それでは、次期ブログ「コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった Z」でお会いしましょう。ばいばーい。