コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

きっと何者にもなれない僕だから

業を背負う

人間誰しも一つや二つ業を背負ってるものです。

そうしたわけで、今日はナウなヤングに大人気のGO言語をやっていきます。業だけに…。
いつものように導入しました → 電卓として使います(ドヤァ)をやっていってもいいのですが流石に飽きてきたので、今回はプレイグラウンド(環境をインストールしなくても動作確認できる場所)でGOしていこうと思います。

こちらで利用できます。
The Go Playground

それでこいつを使って何をしようかね

いつものように乱数つくってじゃんけんをつくろうと思ったらシード値固定だそうでランダムにならない。僕の中で最大の誤算でした。

悩んだ結果、1~100の数字を出力していくなかで8がつくときだけ八王子になるプログラムをつくることにしました。なぜ八王子なのか、なぜそんなプログラムなのか謎ですが、悩んだ結果故そうなりました。

以下ソース。

package main

import (
	"fmt"
	"strings"
	"strconv"
)

func main() {
 for i := 1; i <= 100; i++{
   if strings.Contains(strconv.Itoa(i), "8") {
     fmt.Println("八王子")
     continue
   }
     fmt.Println(i)
 }
}

本当はもっと複雑なものをつくろうとしたんですけど、文字列への変換で詰まってしまったのでこんな形になりました。次回があれば改良版ができるかもしれないです。でもプレイグラウンドはもうこりごりなので、次回は導入したもので書いていきます。