コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

きっと何者にもなれない僕だから

ポーポポリヲをつくろう

ワードでつくろうポーポポリヲ!

本日はデザインを志す人が作ると言われている秘伝のレシピ、ポーポリヲをつくっていこうと思います。
利用するツールはマイクロソフトが提供しているワードというリッチな文章がかける"デザインソフト"を使っていきます。

僕の華麗なる文章力と前衛的なデザインスキルが合わさり最強に見えること間違いなしですね。

早速つくっていきます。

■ テーマカラーを決めよう
まずはどんなイメージで作っていくかを決めます。僕といえば、コミュ障なのでそれっぽいイメージで色を選んでいきます。

それでは検索していきます。
【コミュ障 イメージカラー】検索

ググったら渋めの緑色がコミュ障カラーとしてよくヒットする印象だったのでコレをメインカラーにしていきます。さてとりあえずサブとアクセントの色も決めていかなくてはなりませんが、色選びが面倒なので王道をいく補色と同系色にします。


■ ページレイアウトを決めよう
全体のイメージが決まったら、つぎはコンテンツを作っていきます。今回は紙ベースでポーポポリヲを作成するので、紙で見やすい感じのデザインにしたいですね)願望。

世の中のポーポポリヲがどのような章立てで構成されているか分かりませんが、とりあえず表紙と裏表紙と目次となんか経歴とか作品書いてコンテンツを充実させていこうと思います。ポーポポリヲでググッても検索に出てこないから仕方ないね。まさに秘伝のレシピって感じだね。

イメージとしては
1. 表紙
2. 目次
3. 経歴
4. 作品 1
5. 作品 2
6. 裏表紙
といった感じです。作品集というか本の体裁ですねコレ。


■ 表紙を作ろう
表紙を作ります。表紙はいわば作品の顔ですから、しっかりと作っていきたいところです。

できました。
f:id:andron:20170304174147p:plain

なんかどこかで見たことのあるデザインになりました(これバレたら怒られるやつや…)。
はい、調子に乗って馬鹿なものを作ってましたが「割といけるんじゃないかコレ…?」と更にバカな考えが浮かんでしまったので次回も続きを作っていこうと思います。

次回まで乞うご期待!!