コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

きっと何者にもなれない僕だから

普通に生活しているとフリーのサウンドエフェクト素材がほしくなるときってありますよね

普通に生活しているとサウンドエフェクト素材ほしくなりますよね

普段からマイクを持ち歩いて、効果音集めるのが趣味という人でない限りこうした素材を集めるのって結構大変なんですよね。しかも音声を拾ったとしても余計な雑音が入って加工が手間だったりしますよね。今日は、普通の生活をしていてサウンドエフェクトが欲しいなという時に役立つ便利なサイトを紹介します。

ところで、普段の生活で効果音が必要なときってどんな場合なのかは僕もよくわかりませんが、どういった時に効果音があったらいいなと思うのでしょうか?


紹介の仕方、失敗してない?という疑問が皆さんの中で出ていると思いますが、気にせず続けていきます。

こちらが素材サイトになります。

Free Sound Clips | SoundBible.com
というわけで、効果音素材サイトがこちらになります。前述のとおり、効果音って地味に集めるの大変なんですよ。そんな効果音素材が何かすごい数あるサイトです。素材が利用したくなったら、こちらのサイトどんどん利用していきたいですね。

利用の注意

フリー素材だけども、右側にライセンスがあるのでその使い方に準拠してトラブルのないように使っていきましょう。「無料で使っても相手に何らかの価値を提供することを忘れない」、リスペクトの気持ち大切にしていきましょう。

f:id:andron:20161221203637p:plain

この部分ちゃんとよく読んでおこうね。

Royalty Free Sounds
Royalty Free Sounds are sounds that are free from royalties. They can be used commercially in things like movies, games, and anything else you might need a cool sound for. You may not however redistribute them for a profit. While sending one to a friend is ok, selling one to a customer is not.


Creative Commons Attribution 3.0
Creative Commons Attribution 3.0 is one of many CC Audio types. Creative Commons Attribution 3.0 put simply means you can use this audio but you must attribute your work to this person. If the audio is from Mike Koenig then you need to give him credit somewhere. That somewhere could be in the credits, the cd cover, or a link to the sounds page from your site.


Public Domain Sounds
Public Domain Sounds are sounds that have been added to the public domain. They are owned by the public, and are 100% free. Items get added to the PD in a variety of different ways. 1.) Items older than the public domain age setting are automatically added. 2.)Thoughtful members of the audio community donate their own works for the good of others. 3.) Speeches by presidents and other political audio is usually considered public domain works.