コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

きっと何者にもなれない僕だから

べベるという動詞を広めていきたい

べベるとは

例えば「Google検索をする」ならググるなわけです。では、べベるとはどういうことなのでしょう。べべるとは「角を丸めること(Bevel)」ということです。はて?どういうことでしょう。それは僕にもわかりません。


さて、いつものように話に収まりがつかなくなりましたので、本題に入ります。今回はBlenderのべベルという機能について、(忘備録というの名の)紹介をしていきたいと思います。先ほど紹介したようにべベル機能を使うと尖った角を丸めることができます。現実世界にあるものでカクカクとしたものは少ないのでこういったもので丸める必要がでてくるわけですね。

それではベベります

文字だけを書き殴ってもいいのですが、やはりどんな感じになるか画像がほしいところですよね。
まずは準備ということで立方体を用意します。そして四方の一部だけが残るようにしミラーします。f:id:andron:20161213054628p:plain

そして、ベベりたい箇所(角を丸めたい部分)を選択しCtrl+BキーあるいはWキーでべべります。
すると下のような滑らかな四角を作ることができます。わあ、お手軽!
f:id:andron:20161213054920p:plain

いかがでしょうか。
このように角を丸めたいときはべベル機能を使ってべベることができますので、皆さんも明日から角を丸めるときには是非使ってみてください。