コミュ障だから明日が僕らをよんだって返事もろくにしなかった

何かを創る人に憧れたからブログをはじめたんだと思うよ

きっと何者にもなれない僕だから

最後までやり遂げることができないからRPGもどきができてしまった

無料でJavaの勉強ができるサイト少くなってきたきがする

気がついたらドットインストールのJava講座が有料になっていたので何か無料で学習できるサイトないかなと思ってYoutube漁ってました。そうしてYoutubeを眺めていたら、動かしてみて面白そうなものを見つけたのでJavaの勉強をしてみました。
2015版【Java】ゲームプログラミング超入門 - YouTube

僕も環境変数でつまずいたことあったなという思い出

講座では以下のコマンドを使用するのですが、丁寧にJavaの導入の仕方に触れていました。
ネットで調べると[set/export]コマンドを使えば設定できるよと省略されることがほとんどだけど、動画ではやり方となんでやるのかを説明していてすごくためになった。

javac -cp tugame.jar ***.java
java -cp .;tugame.jar ***

いつも統合開発環境つかってごりごり書いてるからこうやってコマンド使ってプログラム書くのが新鮮だった。使っている本人は統合開発環境の機能なんて把握できてない上に、統合を失いつつあるのにね。

こんなんできます

f:id:andron:20160801045452p:plain

内容は途中で終わってしまっているのでなんとも言えないけども、解説がすごく丁寧でありがちなエラーに対しての説明や処理に対しての考え方が詰まっているのでとても参考になってよかった。思わず動画を最後まで見てしまったよ。

以下ソース
import jp.netgamers.free.tugame.*;

public class test extends jp.netgamers.free.tugame.jframe.TUGame
{
//変数宣言
String Player_name = "あなた"; 	// Player name
String Enemy_name = "世界"; 	// Enemy name
int karman = 50;		// Lv
TUImage Enemy_tui = null; 	// var Enemy image
TUImage Player_tui = null; 	// var Player image
int scene = 1;

//分割画像
TUImageChip Enemy_tuic;
TUImageChip Player_tuic;

	/* 初回起動時の処理 */
	public void wmCreate()
	{
		//画像読み込み	
		try{
			Enemy_tui = new TUImage("01_.png");
			Player_tui = new TUImage("01.png");
		}catch(java.io.IOException e){
			System.out.println("ファイルが見つかりません");
			return;
		}
		//画面の分割
		Enemy_tuic = new TUImageChip(Enemy_tui, 32, 32);
		Player_tuic = new TUImageChip(Player_tui, 32, 32);
	}
	
	/* キー入力イベント */
	public void wmKeyDown()
	{
		if(TUKeyPad.isA()){
			scene = 2;
		}
		if(TUKeyPad.isB()){
			scene = 3;
		}
		repaint();
	}
	
	/* 描画関連の処理 */
	public void wmPaint()
	{
		if(scene == 1){
			//実際の描画処理
			draw("この"+Enemy_name+"を滅ぼせという囁きがきこえる");
			draw(Enemy_tuic, 1);
			draw(Player_name + "はカルマ"+karman+"の罪人です");
			draw(Player_tuic, 1);
			draw("A:"+Player_name +"は"+Enemy_name+"に絶望しました");
			draw("B:"+Player_name +"はまだ希望をもっていました");
		}
		if(scene == 2){
			//カルマによる文章分岐
			if(karman > 90){
				draw("カルマ"+karman+"なので"+Player_name+"に敵はいませんでした");
				draw(Player_name + "はありとあらゆるものを破壊しつくしました");
			}
			if(karman >= 50 && karman <= 90){
				draw("カルマ"+karman+"なので"+Player_name+"は苦しんで暮らしました");
			}else{
				draw("カルマ"+karman+"なので"+Player_name+"普通の暮らしをしました");
			}
			draw("GAME OVER");
		}
		if(scene == 3){
			draw(Player_name+"は強く生きることができました");
			draw("GAME OVER");
		}
	}

	public static void main(String[] args)
	{
		setClientSize(1280, 720); // WindowSize
		setStartLocation(-8,329); // WindowPositon
		new test();
		setOrtho(640,360);
	}
}

僕だから、動画を見たままの形のコピーとして書くことができない。そして、ネガティブ。
これを改造して何らかの形になるようにしようと思ったのだけど、そんなことをせずともRPGを無料で作れるツールに「WolfRPGエディター」というものがあることを知ってしまってどちらを使うべきか決められずにいる。そうか、ウディタか......